ご挨拶

OshidaJunko01

こんにちは。
「NPO法人 Pure Wings Label」代表 押田じゅんこと申します。

私は、長い間音楽とともに過ごしてきました。
色々な賞を頂きました、色々な経験を沢山させて頂きました。
私の声を聴いて涙を流してくださった沢山の方がいらっしゃいます。
「ありがとう」と感謝の言葉を頂いた事もあります。

その時に言われていた言葉・・・「歌が上手くて良かったね」

いえ、私が生まれつき「歌手」だったわけではありません。
「音楽家」の家庭に育った訳ではありません。
「特別な環境」に身を置いていた訳でもありません。
私は「歌が上手かった」訳ではないのです。
「歌が上手くなりたい」と日々思っていたのです。

小学校の頃から声楽を学び、厳しい先生とのマントゥーマンの練習も積んできました。
数々の実践。実績を踏んで、今此処に私が居ます。

そんな中、沢山の素晴らしいアーティストさんに出会うことが出来ました。

「もっと自分の曲を多くの方に聴いていただきたい。」
「もっときちんとした形で自分の曲を形にしたい。」
「もっと高いところに登っていきたい」

その熱い思いは、歌となって演奏となって私の胸に響いてきました。

頑張っているアーティストさんの中には素晴らしい才能の持ち主が沢山いることが分かってきました。
しかし、その方々の話を聴くと多くの被害者がいることも分かってきました。

  • 事務所に加入する際に数十万の契約料を支払ったが、プロモーションも何もしてもらえず放置されている
  • スカウトされて契約。有名レーベルでレコーディング。しかし、数ヵ月後に自宅に数百枚のCDと数百万円の請求書が送られてきた
  • メジャーに入ったのはいいが、自由に活動することが出来ず自分でやっていたときに比べると
    格段に音楽活動が減ってしまった
  • 有名プロデューサの元、レコーディングを行ったが原盤一枚で数百万も取られ、後はパソコンで制作しなさいと言われた
  • 大きなステージに立つのに「演奏時間10分:数万円の出演料」と「数十枚のノルマ」がある
  • 集客にかなり苦しんでいる・新規のファンの方を増やしたいが、なかなかそれが出来ない

此処で私は疑問に思い始めました。
何故、同じ業界の中で・・・このような状態で出なければいけないのかしら・・・

そこで生まれたのが「NPO法人 Pure Wings Label」です。

【アーティストの為のアーティストを愛する方々の為の NPO法人 Pure Wings Label】を掲げ、活動を開始いたしました。

「アーティストが懸命に生み出した作品を多くの方々の目に、耳に、五感に触れて欲しい」という願いを、様々なイベントに込め活動しています。
数百人のお客様を目の前にして、ノビノビと活動するアーティストの皆様の姿を見るのは、心からの喜びでもあります。

また、「様々な経験を是非、自分達に教えて欲しい」というお声も頂きます。
私たちは、イベントに出演していただいているアーティストさんには、次回からのイベントで「即実践」出来るように必ず”気づき”をお伝えするようにしています。

もう一つ、私たちが経験してきた「学び」「経験」などをいかし「ボーカルスクール」を開催させて頂くこととなりました。
このボーカルスクールでは「歌を上手く歌う」という事だけではなく、「ステージング」から「話し方」までの多くのことを教えてさせていただくシステムを組んでおります。

たった一人で始めた活動です。
しかし、今では本当に多くの皆様の応援を頂き、此処まで大きな活動が出来るようになってきました。

まだまだ、多くのアーティストさんのお役に立てるよう・・・多くのファンの皆様のお役に立てるように・・・
これからも日々精進いたしていく所存です。

今後も、温かい目で見守っていただけますようよろしくお願いいたします。

NPO法人 Pure Wings Label 代表理事
押田 じゅんこ

[`buzzurl` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks

Comments are closed