アーティスト育成

insert04

まずは目標から

音楽活動をしているアーティストたるもの、いくつかの目標があると思います。

  • もっと活動場所を増やしたい
  • もっと上手く歌いたい/演奏したい
  • もっと動員を増やしたい
  • ゆくゆくはワンマンライブを演りたい
  • 目指すは東京ドーム!
  • いっそのことワールドツアー!!

・・・などなど。

目標とは言えない、夢のような想いの場合もあるかもしれません。
それはそれでいいんです。
ですが、せっかくならその想い、実現させませんか?

Pure Wings Labelではアーティスト育成をおこなっています。

アーティスト契約

アーティスト育成に必要なものは

  • Pure Wings Labelとアーティスト契約を結ぶこと
  • Pure Wings Labelの専属アーティストになる意思を持つこと
  • なによりも、アーティストとしての目標

の3点です。

『契約料』や『登録料』などをPure Wings Labelに支払う必要は一切ありません。

最初に目標をアーティストさんとPure Wings Labelとで確認し、その想いを共有します。
そしてその目標に向かうためにどうすれば良いのか、を短期・中期・長期計画を立てます。
それらの計画に沿って、Pure Wings Labelイベントに出演していただきます。

『千里の道も一歩から』と言うように、アーティストとしてスキルアップするための近道はありません。
遠回りのようでも一歩ずつ歩むしかありません。
しかし、Pure Wings Labelはその歩みを全力でバックアップします。

育成費用は基本無料

『育成費用』は基本無料となります。
Pure Wings Labelイベント出演時には必ず『気付き』をお伝えします。
『気付き』とは、「良かった点」「直した方が良い点」「音響」「作曲」「編曲」など内容は多岐に渡り、次回イベント出演時に役に立つことばかりです。

ただし、一部のレッスン等は実費がかかります。

  • Vocalレッスン(ヴォイストレーニング)
  • ステージ実践用レッスン
  • セミナー
  • イベント出演料

等には実費がかかりますが、これらをPure Wings Labelが強制することはありません。

専属アーティストになるには

専属アーティスト契約はアーティスト契約と異なります。
専属アーティストになると、すべての権利やイメージはPure Wings Labelが守ることになります。
(詳しくはページ下部【専属アーティスト契約とアーティスト契約の違い】をお読みください。)

Pure Wings Labelが専属アーティスト契約を結ぶかどうかは

  • 各イベント出演時のスキル
  • 活動への意欲
  • 活動の結果

などを見て決定いたします。

専属アーティスト契約とアーティスト契約の違い

アーティスト契約の場合、Pure Wings Labelイベント以外での活動を制限されることは基本的にありません。
たとえば、ソロとしてPure Wings Labelと契約しつつ、趣味のバンドを続けることも可能です。

専属アーティストになると、すべての音楽活動をPure Wings Labelが管理することになります。
音源発表やCD発売などはすべてPure Wings Labelが関与しますし、出演依頼等はPure Wings Labelを経由することになります。
また、Pure Wings Labelイベントには出演が当たり前という、期待を込めた扱いになります。
アーティスト契約の場合は実費としてかかるイベント出演料も、専属アーティストの場合は原則として不要になります。
『管理』という言葉に抵抗を覚える方もいるかもしれませんが、これはアーティストの権利やイメージを守るためにはとても大切なことです。
音楽活動の密度を上げるには専属アーティストになる方がいい、と捉えてもらって間違いありません。


まずは初めの一歩から。
下記リンクからお問い合わせください。

お申込みはこちらから≫

お問い合わせはこちらから≫

insert16

[`buzzurl` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks

Comments are closed